香り豊かな秋の味覚!「まいたけ」

かぶ

かぶ

しっとりほくほく!甘みが優しい「里芋」

ワンポイントMemo
春の七草に謳われる「すずな」はかぶを指すことからもわかるように、歴史は古く、「古事記」や「日本書紀」にも栽培などの記述があります。その頃には、根の部分よりも葉の方を主に食べていたとも言われています。日本の各地で土地や気候にあった品種が生まれ、80品種以上が栽培されているとか。聖護院かぶや天王寺かぶはその代表格です。かぶは煮崩れしやすいので、調理する時は、煮過ぎに注意しましょう。
<キューピーWEBサイトより転記>