お正月の定番「たこ」

たこ

たこ

お正月の定番「たこ」

ワンポイントMemo

旬は関西が産地のたこは夏/関東以北が産地のたこは冬
一般的に食用となるたこというと「マダコ」を指します。
他に「ミズダコ」「イイダコ」「ヤナギダコ」などの種類があります。
産地によって旬が違い、関西(兵庫、福岡、香川など)では夏、関東以北(北海道、青森、福島など)では冬とされています。
兵庫県の明石や神奈川県の佐島はたこの名産地として有名で、とくに「西の明石、東の佐島」と呼ばれるほどです。
関西の旬のたこは麦わらができる頃(6~7月)に水揚げされるため「麦わらだこ」と呼ばれており、とても重宝されています。

選び方

選び方のポイント
表面の皮がしっかり付き、足が太くしっかりしていて、吸盤の間隔や大きさがきれいに揃ったものを選びましょう。
「生だこ」は吸盤の吸い付く力が強いものを、「ゆでだこ」は弾力のあるものといった選び方もできます。
「ゆでだこ」は表面にぬめりや、足と足の間の皮に、はげがあるものはさけた方が良いでしょう。

下ごしらえ

たこは足の先でいろいろなものに触れており、細菌などの付着が多いため下ごしらえの際にカットします。
まず、胴をくるっと裏返し、内臓を丁寧に取り除いたら、しっかりと水で洗います。次に胴を元に戻し表面に塩をふり、全体を強く揉みながらぬめりを取っていきます。
だんだんぬめりが泡となり流れてくるので洗い流します。これを3、4回繰り返し、ぬめりがとれたらきれいに水洗いします。

<キューピーWEBサイトより転記>